さんまがおいしい季節だねー(´・ω・`)

git commit のエラーメッセージのスキップ

git — タグ: — さくら @ 2009/12/05 2:05

みなさんお元気ですか?
最近すっかり CVS から git に乗り換えたさくらです。

さて、CVS から git に乗り換えるとたまに戸惑うこともあるかと思います。git commit 時に実行されるエラーチェックもその一つではないでしょうか。

git でコマンドを実行すると、.git/hooks ディレクトリにあるフックが実行されます。これらのフックはシェルスクリプトで記述され、commit の場合は pre-commit、commt-msg、post-commit あたりが実行されます。その中の pre-commit フックでは、ファイルの各行末に空白が無いかとか、ファイル末尾が空行で終わってないかとかがチェックされます。

自分で一からソース書く時、このチェックは大変便利なのですが、他の(git で管理されていない)プロジェクトをローカルの編集用に git したり、HTML とかプログラム以外のソースを git したりするときは微妙に邪魔ですw

そういうときは git commit に -n または –no-verify オプションをつけて実行してみてください。pre-commit と commt-msg フックが省略されチェックは行われません。

以上、個人的な覚え書きでした。

0 Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

Copyright © 2017 さくらたんどっとびーず | powered by WordPress with Barecity