さんまがおいしい季節だねー(´・ω・`)

Amazon 商品リンク作成ツール AZlink、バージョンアップよ!!

Amazon,ウェブアプリ — タグ: , , — さくら @ 2009/04/04 3:37

さくらです。こんばんわ♪ミ☆

Amazon 商品リンク作成ツール AZlink をバージョンアップしましたの。
今回の変更点はこんな感じですわ。

  1. アソシエイトID/トラッキングIDを複数扱えるようにしたわ!
  2. table タグでも商品リンクをフォーマットできるようにしたわ!!
  3. 商品リンク設定ページのデザインを変えたわ!!!
  4. アソシエイトIDが未入力のときにエラーを表示するようにしたわ!!!!

マニュアル直したり、☆付けたり、ISBN でも検索できるようにしようと思ってるんだけど、今日は手が回らなかったわ。
とりあえずこれであの方の普段使い用にも耐えれるんじゃないかしら?

あと全然関係無い話なんだけど、今日他の Amazon リンク作成ツールも見てたの。
どんな感じのツールがあるのか、既存ツールに対するユーザの反応とかも見たかったしね。
ググって新しいのも何個か見つけたわ。

で、よく見てみたらほとんどのツールが値段をリンクに含めるオプション付けてたのね。
でもこれって AWS のルール違反じゃない?
価格情報は1時間に一度更新しないといけないって Amazon Hacks 世界最大のショッピングサイト完全活用テクニック100選の第6章の冒頭220ページに書いてあるし、AWS のマニュアルの196ページにも基本的にはキャッシュすんなって書いてあるわ。

リンク作成ツールを作った人が単にルールを知らないだけかもしれないけど、ツール自体では許容範囲外のキャッシュはしてないし(実際してないわね)、ツールで作ったリンクをどう使うかはユーザ次第だから関係無い(もちろんそういう免責事項ぐらい書いてるでしょ、さくらも書いたもの)っていうような理屈が通ると考えてるのかもしれないわね。
でもそんな理屈通るのかしら?
それが通るんなら、variant 画像だけで商品リンク作ることについても同じ理屈が通るわね…

もちろんさくらは、ちゃんと警告文書いたり、価格を付けるオプションは付けないようにして、AWS のルールには忠実に従ってるつもりよ。だってそういうプレイでしょ?
まあ何かさくらが勘違いしてるところもあるかもしれないから、見つけた方は教えてくださいね!

さくら

0 Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

Copyright © 2017 さくらたんどっとびーず | powered by WordPress with Barecity