さんまがおいしい季節だねー(´・ω・`)

AWS でアダルト向け(18禁)商品を判別する方法 for Amazon Associates Web Service API Version 2009-02-01

Amazon — タグ: , , — さくら @ 2009/04/13 19:00

さくらです。こんばんわ♪

AZlink でアダルト商品を見分けられるようにしたかったんで、AWS でアダルト商品を判別する方法について調べてみたの。
だいたいのことは Drupal.cre.jp さんの AWS(Amazon Web Service)でアダルト商品を禁止する と、ええもん屋 ラボ さんの Amazonのアダルト商品の判別(Ver.2006-05-17) に書いてあったんだけど、AWS のバージョンが上がっててそのままの方法じゃうまくいかなかったから、最新版でアダルト商品を判別する方法をまとめてみたわ。

結論から言うわね!
AWS API Version 2009-02-01 でアダルト商品を判別するには、以下の方法を組み合わせる必要があるみたいよ!!

  1. ItemAttributes/Format ノードに “アダルト” という値がある
  2. BrowseNode/Name ノードに “アダルト” という値がある
  3. どちらかが真ならエロアダルト商品

ItemAttributes/Format ノードと BrowseNode/Name ノードを取得するには、 ItemAttributes と BrowseNodes Response Group を付けて ItemLookup とかをリクエストする必要があるわ。Large Response Group でも返ってくるから、色々情報欲しい人はこっちの方が便利だと思うわよ。

Drupal.cre.jp さんは type=heavy をパラメータに付けてリクエストしないと Format ノードにアダルトが返ってこないって書いてるけど、今は type パラメータ自体無いみたいだから普通にリクエストしたらオッケーよ。

ええもん屋ラボさんは IsAdultProduct ってフラグが使えるって書いてるけど、今は使えないみたいね。残念だわ。

あと、上の判定方法でどの程度漏れがあるのかについては、あまり厳密に検証してないわ。
Format にアダルトが記載されてなくて BrowseNode にアダルトが記載されてる商品は見つけたんだけど、逆があるのかとか、両方にアダルト表記が無いアダルト商品があるのかは未発見ね。
とりあえず、さくらが知ってる変態アダルト商品は上の方法でちゃんと判別できてるみたい。

AZlink 的には Amazon の商品ページからのブックマークレット経由が主だし、商品ページにアダルトか書いてあるから判定の精度自体はあまり問題視してないんだけど、ちゃんと判定したい人は困っちゃうわよね。

さくら

[2009/4/16 追記]

BrowseNode/Name を検索するときは、BrowseNode/Children/BrowseNode を除外するようにしてくださいね!
DVD とかに対して ItemLookup で BrowseNodes 探すとこの条件に一致するデータがあるんですけど、それらはアダルト商品ではありませんわ!!

1件のコメント »

  1. CERO-Z

    さくらたんがAWSを使う人向けのアダルト商品判別法を書いていました。
    API的なものは現在使うのをあきらめてしまっている私ですので…

    トラックバック by 今日の三国志 — 2009 年 4 月 13 日 @ 19:47

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

Copyright © 2017 さくらたんどっとびーず | powered by WordPress with Barecity