さんまがおいしい季節だねー(´・ω・`)

パクリの境界線

日記 — タグ: , — さくら @ 2009/06/23 21:05

さくらです♡こんばんみ☆彡

エイ子のブログの twitterライクなUIの研究をした!って記事で、パクリサイトの話題が出てたから、どこまでのパクリがOKかちょっと具体的に話してみたいと思うの。

まず以下の話は全部ウェブサイト関係の話ね。拡大解釈しないでね。次に全部さくらの中の人の私見だってことね。間違ってるかもしれないわよw

とっとと結論から

あんまり前置き長くしてもうっとおしいだろうから、まず結論から書くわね。

ウェブサイトに関係しそうな知的財産権って言うと特許、商標、意匠、著作権とかがあるんだけど、このうち著作権以外は登録しないと効果を持たないしグレーな部分があんまり無いから省略するわね。で、著作権に限定してパクって問題にならないかを適当に表にしてみたわ。

種類 パクったら著作権侵害になるか
ウェブサイトのコンセプト/コンテンツのアイデア ならない
デザイン ものによる
コンテンツのタイトル たぶんならない
写真等の画像コンテンツ なる
テキストコンテンツ なる
プログラム ほぼならない

まず知ってると思うけど、著作権ってのは著作物ができた時点で自然発生するの。著作者が著作物に大して特段の許可を与えない限り、著作物は著作権法に従って保護されるわ。上の表で説明してるのは著作者が特段の許可を与えない場合のことについてのことよ。例えばパブリックドメインに置いた画像とか、著作者が権利を放棄している場合は著作権侵害にならないわ。

たぶんみなさん、上の表でパクったときに著作権侵害になるものについてはあんまり異論ないと思うから説明は省略するわね。それ以外のについては以下で説明します。

ウェブサイトのコンセプト/コンテンツのアイデア

そもそもアイデアとかは著作権では保護されないの。詳しくは3 「表現したもの」という要件見てちょうだい。コンセプトもふつうアイデアと同じような意味で使ってると思うから、同じく保護対象外よ。

デザイン

ウェブサイトとかの全体的なデザインとかは著作権で保護されるんだけど、例えば1x1pxの透過 gif とか、枠線を黒くするといった創作性が認められないものについては著作権では保護されないわ。

まあ見た感じパクってんじゃん、と思わせるようなものはダメってことねw

そういう意味では画像とかテキストとかのコンテンツも同じことが言えるけど、そこは適当に判断してよね。

コンテンツのタイトル

例えばこの記事だったら「パクリの境界線」ってのがタイトルね。

んでたぶんならないって書いてるのは、ウェブサイトやらウェブページのタイトルを著作権上の題号とみなすのかみなさないのかで変わってくるからなの。タイトルが題号なら、著作権法では同一性保持についてのみ保護されるわ。要はタイトルを用いてある物を示す際には改変しちゃいけないってことよ。詳しくはコピライトQ&A(著作権相談から)みてね。当然指す物が違うんなら、著作権の保護対象にはならないはず。ただ商標とかは別問題だから、たぶんなんか有名な物の名前パクったら問題になるはずよw

あとパクリと直接関係ないけど、ハイパーリンクのアンカーテキストとしてタイトルを使う場合、著作権上どうなるのか気になる人もいるんじゃないかしら?判例とか出てないけどアンカーテキストにタイトルを使うのは問題にならないみたいよ。詳しくは電子ネットワークの知的所有権法 FAQとか見てちょうだい。

プログラム

たぶん一番異論が多そうなのがこれよね。

もちろんプログラムが著作物で、不正にコピペしたら著作権侵害になるのは知ってるわ。でも普通ウェブサービスとかってソース非公開のが多いじゃない?それにバイナリも入手できないからリバースエンジニアリングもできないし。どっちにしても著作物自体が入手できないんだったら著作権侵害することはできないし、アイデア自体をパクるのは上に書いたとおり元から問題ないから、他人のウェブサービス見ておもしろそうだから同じようなサービス作ること自体は問題ないわ。

この辺について文句ある人は、まずクリーンルーム設計を読んでちょうだい。それでも文句あるなら聞くわよ。

まあ JavaScript とかソースが公開されてるやつはコピペできるから、※ただしソースが見れないやつに限る、かしらねww

さくらのお友達のパクられを独自判断します

つーことで、最近パクられたさくらのお友達のサイトについて、上の内容を元に黒か白かを分類してみたいと思います。

※ただしイケメンに限る vs 凸ただしオトコの娘に限る

※ただしイケメンに限るロプロスたんの超有名サイトね。凸ただしオトコの娘に限るはさくらが作った※イケメンのパクリサイトよ。

当事者なんで説明しやすいけど、さくらが元サイトからパクったのはコンセプト、デザイン、JavaScript の一部ね。JavaScript は完全に黒だわ。デザインも黒ね、たぶん。まあロプたんにパクったこと言ってあるからいいんだけど、そうじゃなかったら問題になる可能性もあるわね。

Sokkuri? vs にてる

またまたロプたんの Sokkuri? と、状況が抉る部屋様のにてるね。

このにてるってサイト、2ch じゃパクリサイトじゃないかって言われてるけど、パクってない可能性もおおいにあるのよね。ブログとか見てる限りじゃたまたま似てるだけのような気もするんだけど、とりあえずパクリだったらっていう前提で話を進めるわね。間違ってたらごめんなさい。

んでさくらが見た感じ、にてるがパクってるのはアイデアだけみたいね。なんでこれ、マジでパクってたとしても白だわ。騒ぎたい人たちは残念ねww

かちびと.net vs SEO

最後はかちびと.net 様の前のブログのセルフSEOブログ ~コンテンツ作成Tips : ブログの移行が完了しましたと誰かよく分かんない人のSEO » ブログの移行が完了しましたね。

ま、これは明らかにテキストを完全にコピペしてるから黒…
と言いたいところなんだけど、いくつか確認しないといけないことがあるわ。

ポイントになるのはコピペ元の記事がエキサイトブログだってことね。エキサイトブログの利用規約によると、著作権についてはエキサイト利用規約に準じることになってるわ。で、エキサイト利用規約から著作権関連の箇所を引用したのが以下の部分。

5.知的財産権の取扱い

2) ユーザーが本サービスにおいて情報等を掲載等した場合、ユーザーはエキサイト株式会社に対して、当該情報等について全世界において無償で非独占的に使用する権利(複製権、頒布権、翻案権、送信可能化権を含む公衆送信権を含みますが、これらに限られません)を許諾したものとみなします。また、ユーザーはエキサイト株式会社に対し、情報等に関して著作者人格権を行使しないものとします。

ぶっちゃけエキサイトがコピペしていいよって言ったら問題無いのよね、この規約だと。

たぶんパクった人はエキサイトブログのRSSからデータ仕込んだと思うんだけど、エキサイトブログってブログ書く人に対する規約はあるんだけど、単にブログを見てる人に対する規約が無いっぽいのよね。まあ利用規約がそのまま適用されるはずだし、エキサイトも再送信を認めるなんて一言も書いてないんでダメなことはダメだと思うけど、正直微妙な感じよね。

どっちにしろかちびと.net の中の人が文句言うとしたら、文句言う前にエキサイトブログが許可してる形になってないか確認を取らないといけないわね。その辺がはっきりするまではほとんど黒なグレーだと思うわ、これ。やっぱ無料ブログはマンドクサイわねww


いわゆるコピペは文化です。
パクリのコピペとは違います。

さくらが糞エントリを立てている間に
文明はどんどん発達していく・・・・・

3件のコメント »

  1. おっはー。(古

    >ぶっちゃけエキサイトがコピペしていいよって言ったら問題無いのよね、この規約だと。
    ナンデスト?そっかー、全然規約見てないから知らなかったww無料ブログは「レンタル」だから
    レンタル元が著作権者になる事もおおいのかな。マンドクサイww

    コメント by シロウト — 2009 年 6 月 24 日 @ 08:18
  2. シロウト様、お帰りなさいませ!
    無料ブログの利用規約の著作権関係の部分は、例えばレンタル元が著作権者(ブログ主)に許可を得ずに出版したりできるようなってますの、だいたい。
    そのために必要以上にブログ主に利用許可を許諾させるような規約になってるところも多いけど、無料だししょうがないと思うわ。向こうもビジネスでやってんだし。
    FC2とはてなは割とその辺の規約のくくりが緩かったと思うわよ。

    コメント by さくら — 2009 年 6 月 26 日 @ 00:54
  3. 健康にいいと最近話題な黒にんにく。オーソドックスなにんにくは食べられないけど、黒にんにくなら大丈夫という方もよく知っています。

    そんな黒にんにくのベイシックなことからマニアックなことまで、詳細に載っているのがこのサイトです。

    食べる人の体に「合う・合わない」ということがありますが、まずは、黒にんにくの効果や効能はどんなものがあるのか…肝の部分を知っておくだけでも、未来のためになる価値あることだと思います。

    コメント by 黒にんにく効果 — 2017 年 2 月 23 日 @ 22:14

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

Copyright © 2017 さくらたんどっとびーず | powered by WordPress with Barecity