さんまがおいしい季節だねー(´・ω・`)

Unixのターミナルからビープ音を鳴らす方法

開発環境 — タグ: , , , , — さくら @ 2011/04/14 15:29

先日30分ぐらいかかるスクリプトを実行していたのですが、終わったらビープ音で通知してくれると便利かなーと思って調べてみました。

ビープ音の文字コードは 0×7

まず基本的なこととして、ASCII コードの 0×7 は BEL となっており、(デバイス的に)適当なベル音を鳴らす文字コードとなっています。

つまり 0×7 を出力したらビープ音が鳴るってことです。

シェルから鳴らす

シェルから鳴らす場合、echo コマンドを使います。コマンドラインから 0×7 を指定するにはコントロールシーケンス ^G を入力します。

一般的なターミナルでは [CTRL]+v [CTRL]+g を連続して入力するとコントロールシーケンス ^G が入力できます。文字列 “^G” を入力しても鳴りませんので注意してください。

$ echo ^G

printf コマンドがインストールされている環境では、以下のようにビープ音を鳴らすこともできます。

printf '\007'

プログラミング言語から鳴らす

0×07 が出力できれば良いので、基本的にどのプログラミング言語からでもビープ音を鳴らすことができます。

代表的な LL 言語で鳴らす方法は以下のようになります。

# perl
print "\007";
# python
print "\007"
# ruby
print "\007"
<?php
echo "\007";
?>

全部いっしょとか言わないのw

んでわ。

2件のコメント »

  1. \a

    コメント by bell — 2011 年 4 月 15 日 @ 09:58
  2. What’s up Dear, are you really visiting this site on a regular basis, if so afterward you will without doubt obtain good experience.

    コメント by ColumbusHLinko — 2015 年 7 月 29 日 @ 00:10

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

Copyright © 2017 さくらたんどっとびーず | powered by WordPress with Barecity