さんまがおいしい季節だねー(´・ω・`)

github アカウントを取ってからのメモ

github,開発環境 — タグ: — さくら @ 2009/06/28 10:01

前から github にアカウント取りたいと思ってたのね。ソース置いたりするのに便利そうだし。でも何か git の使い方覚えたりとか色々と面倒っぽかったので延ばし延ばしにしてたのね。

で、やっと重い腰あげてアカウント取ってみたの。そしたらやっぱり色々と大変だったんでとりあえずメモっときます。

  1. アカウントを取る時点では ssh 公開鍵は要らない。リポジトリを作る段階で要る。

    ssh 公開鍵の作り方等については、http://github.com/guides/providing-your-ssh-keyhttp://github.com/guides/addressing-authentication-problems-with-ssh を最低限見といた方がいい。作り方知らない人は他の資料も見といた方がいいと思います。

  2. *NIX 系のユーザはアカウント取ってから github で何かする前に、github 専用のユーザをローカルに追加しといた方が無難。特に git の使い方をマスターしてない人にお薦めします。
  3. github のアカウントにアバター用の画像を設定するには Gravatar を使用する必要があり、そっちにもアカウント作る必要があります。

    Gravatar にアカウントが無い状態で github にアカウントを作ると、自動的に Gravatar にもアカウントが作成されるっぽい(wordpress.com にアカウント作った時かもしんないけど、とりあえず登録した記憶の無いアカウントが Gravatar にあったw)。同じ状態になったら Gravatar のパスワード再申請を行ってログインすればいいと思います。

  4. ssh-keygen で ssh 公開鍵を作成するときは、-C と -f オプションを付けといた方がいいかもしんない。
    $ ssh-keygen USERNAME -C git@github.com -f git@github.com

    とオプション指定すると、~/.ssh/git@github.com と ~/.ssh/git@github.com.pub が作成され、git@github.com.pub 中のコメントが git@github.com になる。コメントの意味が分からない人は git@github.com.pub を開けば分かるはず。

    ついでに ~/.ssh/config を以下の内容で作成しておくと、git@github.com へのログイン時には ~/.ssh/git@github.com が自動的に認証に使われるようになる(当然他のアカウント用の鍵も同じ方法で作成しとけば認証鍵の振り分けが行われる)。

    IdentityFile ~/.ssh/identity
    IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
    IdentityFile ~/.ssh/id_dsa
    IdentityFile ~/.ssh/%r@%h
  5. ssh 公開鍵を github に登録したら、以下のコマンドで認証できるか確認できる。
    $ ssh -v git@github.com
  6. リポジトリを作ると、こんな感じで次に何をしたらいいかを丁寧に教えてくれるので良く読む。

    git

    ここに書かれてる Next Step が終わったら Continue リンクを必ずクリックする必要があるらしい。何でクリックする必要があるかは色々調べてる最中にどっかのブログにそういう風に書かれてたからとしか答えられないんだけど(どのブログか忘れちゃったw)、たぶん master ブランチが出来ないんじゃないかと思われ。

  7. clone したローカルリポジトリをコミットしたら、git push で github にうpする。
  8. UTF-8 ならコミットログに日本語を使える。ただし github のリポジトリの Network ページでは日本語は表示されない。

    vim ユーザーはこんな設定を .vimrc に足しとけばいい思います。

    autocmd FileType gitcommit setlocal fileencoding=utf-8
  9. github の Download 機能で作成されるアーカイブは、配布用には使えないと思う。
  10. github の Wiki は、入力テキストを UTF-8 じゃなくて ISO-8859-1 として処理してるっぽい。日本語の入力自体はできるけど、意図しない場所でリンクになったりしてちょっと使えないような感じ。
  11. アップローダが使えなかった。さくらの環境の問題だと思うけど、Flash アップローダ使う必要無いんじゃない?と思った。
    訂正:さくらの環境だとアップローダに Description を入力できなかった。
  12. リポジトリは消せるらしい。http://github.com/guides/how-do-i-delete-a-repository 参照。
  13. 分からないことがあったら、とりあえず http://github.com/guides/home を見る。


Wiki とアップローダ使えないのは致命的かもしんないわ…
訂正:Wiki 使えないぐらい別に問題ないわww

ちなみにさくらの github アカウントはこちら。

sakuratan’s Profile – GitHub

とりあえず今後ソースを公開するときはこれ使っていく予定です。

さくら

P.S. 記事公開後にアップローダが動くことが判明したので訂正しました。

0 Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

Copyright © 2017 さくらたんどっとびーず | powered by WordPress with Barecity